Antithese​[​ALBUM]

by NASU

/
  • Streaming + Download

     

1.
02:00
2.
3.
4.
04:05
5.
6.
02:40
7.
8.
03:21
9.
03:58

about

This is the 5th original web album.

credits

released March 2, 2014

music & lyrics & Illustration: Nasu

tags

license

all rights reserved

about

NASU Fukuoka, Japan

なすと申します。
ニコニコ動画でオリジナル曲を投稿させていただいております。
www.nicovideo.jp/mylist/31548193(VOCALOID)
www.nicovideo.jp/mylist/22350315(UTAU)

基本的に無料で楽曲を配信していきたいと思います。

Hi, I'm Nasu.
I usually upload my original songs to Nico Nico Douga.
www.nicovideo.jp/mylist/31548193(VOCALOID)
www.nicovideo.jp/mylist/22350315(UTAU)

In this site, I basically provide my original songs free.
... more

contact / help

Contact NASU

Streaming and
Download help

Track Name: 決起集会
アタシの身形を馬鹿にしたアイツ
アタシの言葉を馬鹿にしたアイツ
アタシの行動を馬鹿にしたアイツ
アタシの全てを馬鹿にしたアイツ

許さない
必ずアイツを殺す
アタシの中の全ての感情よ
今こそ集う時

許さない
必ずアイツを殺す
アタシの中の全ての感情よ
今こそ集う時
Track Name: アンチテーゼ
アンチテーゼ…

反対の説
反する定立
自己正当化

不機嫌なギターの音色
この世に対するアンチテーゼのように
無期限な人生だから
悔しみなんて微塵にしか感じない

不機嫌なギターの音色
この世に対するアンチテーゼのように
無期限な人生だから

不自然
不器用
不条理
不可能
不平等
不正解
不品行

仲間外れはどれ?

不機嫌なギターの音色
この世に対するアンチテーゼのように
無期限な人生だから
悔しみなんて微塵にしか感じない

不機嫌なギターの音色
この世に対するアンチテーゼのように
無期限な人生だから
Track Name: THE KILLED TARGET
死んだ、死んだ、死んだ、死んだ
アタシが殺すと決めてたアイツは、死んだ
アタシの、知らない、何者かに、よって
アイツは、殺され、死んだ、死んだ

死んだ、死んだ、死んだ、死んだ
アタシを散々馬鹿にしたアイツは、死んだ
アタシの、知らない、何者かに、よって
アイツは、撃たれて、死んだ、死んだ

死んだ、死んだ、死んだ、死んだ
この手で殺すと決めてたアイツは、死んだ
アタシと、よく似た、何者かに、よって
アイツは、嫌われ、死んだ、死んだ

死んだ、死んだ、死んだ、死んだ
ここまで計画練ってきたのに、死んだ
アタシと、よく似た、何者かに、よって
アイツは、いつの間にか、死んだ、死んだ

死んだ、死んだ、死んだ、死んだ
アタシが殺すと決めてたアイツは、死んだ
アタシと、よく似た、アタシに、よって
アタシの、心も、死んだ、死んだ
Track Name: 殺生
特に意味の無い歌
しょうもない本当にしょうもない歌

師匠に支障をきたして死傷
卑小な刺傷に起こした訴訟
偽証で出所に思わず失笑
セッション随所でミスって殺生

無償で保証の効かない故障
稀少な芭蕉の汚い文章
未詳な名称記した遺書
難所の本署で焦って殺生

師匠に支障をきたして死傷
卑小な刺傷に起こした訴訟
偽証で出所に思わず失笑
セッション随所でミスって殺生

あ~

無償で保証の効かない故障
稀少な芭蕉の汚い文章
未詳な名称記した遺書
難所の本署で焦って殺生

リズム&リズム
隣から壁を叩く音
構わず踏むリズム
脳内をビートが踏み荒らす

師匠に支障をきたして死傷
卑小な刺傷に起こした訴訟
偽証で出所に思わず失笑
セッション随所でミスって殺生

無償で保証の効かない故障
稀少な芭蕉の汚い文章
未詳な名称記した遺書
難所の本署で焦って殺生
セッション随所でミスって殺生
少々所得を隠してバレて自ら殺生
Track Name: Wrist Cut Blood Shower
あいにく今日もアタシはイカれて
手首のダムを決壊させる
ふわりふわりと力が抜ける
今日は一段とトチ狂ってる

ただただダラダラ垂れ流れる
カラカラになるまでカラダ枯れるまで
まだまだ垂れ流すだけ
ただダラダラと垂れ流すだけ

吹きだした
思ってたよりも激しく
こんなつもりじゃなかった

ほとんど飛んだ意識の中
ワケも分からず誰かに謝った
紫色の涙がこぼれ落ちた

皆さんご存じの通り
アタシはバカな女だから
あのハジメテの感覚が
忘れられずに今度は深く

ただただダラダラ垂れ流れる
カラカラになるまでカラダ枯れるまで
まだまだ垂れ流すだけ
ただダラダラと垂れ流すだけ

吹きだした
この間よりも激しく
こんなつもりじゃなかった

すっかり飛んだ意識の中
ワケも分からず自分に謝った
紫色の涙が溢れだした

ただただダラダラ流れ続ける
カラカラなるまでカラダ枯れるまで
まだまだダラダラ垂れ流すだけ
カラカラなるまでカラダ枯れるまで

ただただダラダラ流れ続ける
カラカラなるまでカラダ枯れるまで
まだまだダラダラ垂れ流すだけ
カラカラに己死ぬまで
Track Name: 天空世界
夜景の見えるマンションの最上階
マンションの最上階の見える 向かいのマンションの最上階
夜景もマンションの最上階も
向かいのマンションの最上階も
全て見渡せるここは そう 憧れの天空世界

極楽、極楽、高みの見物さ
今なら可愛い女の子の 着替えの現場だって見放題
夜景もマンションの最上階も
可愛い女の子の着替えの現場も
全て見渡せるここは そう 憧れの天空世界

何でも見える 一望できる
ムフフなところも見れちゃう
でも本当は触りたい 本当は触りたい

みんなからは 自分の姿は
見えないから好き放題
でも本当は触りたい 触ることができない

高みの見物さ…
Track Name: 自殺志願理由書
向かいのマンション10階 右から4番目
確かあそこはあの子の部屋
ベランダ干された 水玉ピンク色
あの子が身につけているのかな

今日も昨日もその前の日も
同じ色の水玉模様
生きている気配が感じられない

思いを伝えることも出来ずに
何も言わず堕ちてしまった
ベランダ干された 水玉ピンク色
何の嬉しさも感じなかった

訳も告げずに一人で勝手に
道を途絶えさせてしまったの
どうしてもっと早く気付かなかったのだろう

無意識に君の部屋の前
鍵はかかってなかった
恐る恐る足を踏み入れた
途端に感じる淡い匂い

目についた一枚の紙
鉛筆で殴り書きされた

「憎いアイツが殺せなかったから」

なんて君は馬鹿なことをしちゃったんだ
Track Name: 反抗期
売れている人間
蹴落としたくて
粗を探して
見つからないナイ

見つからないから
根拠の無い文句
具体性の無い
曖昧な文句

大人たちが
「これが正しい」
「あんたは間違ってる」
常日頃投げかける

従って堪るか
俺は俺のやり方
認めたくないだけ
羨み妬むだけ

反抗期でおま...
上昇気流に逆らって...

評論家たちの
超低年齢化
分析家たちの
情報収集不足

革命家を名乗る
独裁主義の申し子
蓋を開ければ
ただの核メイカー

反抗期でおま...
上昇気流に逆らって...

反抗期でおま...
上昇気流に逆らって...
Track Name: 遺書
死は輪廻を繰り返す
呪われた二つのマンション

面白いぐらいに規則正しく
交互に誰かが死んでゆく

僕は気付いてしまった
呪いの法則に

君が死んだ三日前
僕は既に恐れていた

何かしなきゃと焦っても
焦るだけでただ無力

きっとただの偶然だろうと
心の底で願ってた

事実を知るのが怖いから
時々ベランダを眺めていた

来る日も来る日も現れない
悪い予感が的中

君はこう残していた
「憎いアイツが殺せなかったから」

紙をひっくり返すと
「次はきっとあなたの番」と

僕は胸が苦しくなった
大切な人を失った悲しみで

ずっと心に誓っていた
この悪夢を僕が止めると

僕はひたすら耐えた耐えた
死にたい衝動から逃げ惑った

4日が経ったその日の夕べ
僕は記録に残そうと考え

ひたすら詞に起こしてみた
そして歌に起こしてみた

食い止められるのが僕じゃなくていい
これを聞いて誰かが気付けばいい

あれだけ我慢を重ねてきたのに
気付けば屋上突っ立っていた

死んでたまるか死んでたまるか
僕は涙が止まらなかった

生きるか死ぬかの瀬戸際なのに
この期に及んでまだ書き続けている


僕はコイツを書き終えたら
この場に置いてここから堕ちるだろう

向かいのマンションの最上階の
誰かがコイツに気付いてくれるだろう

食い止める方法なんてものは
おそらく存在しないのかもしれない

そう僕が思うからに
次はきっとあなたの番

死は輪廻を繰り返す
呪われた二つのマンション

僕から伝えたいことは一つ
ただただ今を生きてくれ